骨盤矯正

  • 「骨盤」が歪んでいると言われたことがある…
  • 左右の脚長差が違う気がする…
  • ついつい足を組んでしまう…
  • 産後の尿漏れが気になる…
  • 長い間、慢性腰痛で悩んでいる…

よく聞く骨盤の歪み、そのヒントは日常生活や日頃の癖にあります

肝心要、または肝腎要など健康において重要な部分を意味する言葉がありますが、骨盤は身体健康に関わる要の部分です。

骨盤は上半身と下半身をつないでいる部分というだけでなく内臓も守っています。

骨盤は体を支え、土台としての役割も果たしている重要な場所。

整骨院に行くと骨盤のゆがみを指摘されるという人も多いです。

歪みによって一見、骨盤とは関係が無いように見える他の箇所にも負担がかかってきますので、様々な不調や症状を引き起こしてしまう前に、早めに骨盤矯正を受けるなどの対策をした方が良いでしょう。

 

 

骨盤は1つのパーツではなく、坐骨・仙骨・腸骨、この3つの骨で構成されています。

骨盤の骨の動きに問題がありスムーズに動かないと骨盤周辺の筋肉の動きにも影響してくるのです。

人間の腰の作りは骨盤が下の大腿骨で支えられており、骨盤上に背骨が上半身を支えるように繋がっています。

ただ上半身と下半身をつないでいる場所というだけでなく、バランスを取りながら動くという器用な動きも出来る身体にとっては重要な場所といえます。

体の土台的な役割をしてくれる骨盤は、日常生活の中の習慣だけでなく筋力低下による体の変化、ストレスなどなどの原因でバランスを崩しやすい箇所です。

特に現代人が意識したい問題点として運動不足による筋力低下があります。

よく見られるのが腹筋や背筋の筋力が落ち前かがみの姿勢になっている猫背の姿勢。

骨盤はバランスを取ろうとしてやや後ろに倒れるような姿勢になり歪む事もあります。

女性は特に筋力が弱いのでゆがみやすい傾向に。

出産を機に骨盤の底を支える骨盤底筋群が緩むと骨盤が開きやすくなり腰痛や肩こりなどの症状も出やすくなります。

他にも筋肉の緩みが続く事で骨盤周りの筋肉や靭帯が硬くなりやすくなり血行不良を起こす場合も。

血行が悪くなるとエネルギー代謝が落ちるだけでなく骨盤内の臓器の血流やリンパの流れも悪くなり、冷えや浮腫みを起こしやすくなります。

日頃気になる上記の不調は骨盤矯正で改善できる可能性があります。

 

 

無意識にやってしまっている事が骨盤の歪みになる原因に

骨盤が歪んでしまう原因で主に考えられるのは以下の4つです。

  ●日常の姿勢やクセ
  ●筋力低下
  ●筋力のバランスの問題
  ●妊娠、出産

骨盤が歪みやすい原因 その①:日常生活における姿勢

日頃つい楽な姿勢をとっているという事はありませんか?

一例としては片方の足にだけ体重をかけて立つ、脚を組んで座るといった癖です。

姿勢では猫背の人は首や顎が前に出る姿勢となりますし、肩が前に出てたように見える巻き肩も骨格の歪みの原因になりやすいです。

姿勢が悪いと身体全体のバランスをとっている骨盤にも影響が及んでくる事も。

特に女性は出産後に赤ちゃんを抱く時にご注意ください。

男性より筋力が少ない人はお腹を前に突き出す姿勢になりやすいのですが、姿勢が良いように見えて実は骨盤が歪みやすくなる姿勢です。

骨盤が歪みやすい原因 その②:筋力低下

運動不足は筋力低下につながります。

筋力低下は体を支えるために正しい姿勢の維持もしにくくなりますし、疲れやすくなるので楽な姿勢をとろうとします。

この時、骨盤が傾きやすくなるのです。

骨盤が歪みやすい原因 その③:筋バランスが均等ではない

片方だけ重心をかけたり片方の腕や脚だけ力を入れるといった動作が多くなると左右の筋力バランスに違いが出てきます。

片側の筋肉が凝ると痛みやつらさをかばおうとして周辺の筋肉に負担がかかってくるように。
前後左右の筋肉のバランスが崩がちになります。

基本的に心がけたいのは両側でバランスを取る事。

片方の筋肉だけに負担がかからないようにしたり無理な姿勢を長時間続けていないかを意識してみてください。

骨盤が歪みやすい原因 その④:妊娠・出産

女性の場合、妊娠や出産で身体に大きな負担がかかったり体調の変化によっても歪む原因になります。

妊娠して赤ちゃんが成長していくにつれてお腹の子宮が大きくなると心臓や肺が圧迫されるために内臓の位置も変わります。

骨盤周辺にも負荷がかかり痛みも起きやすいのです。

数か月という期間で体型の変化がおきるので体の重心もずれやすくなるので、出産後に整骨院で産後骨盤矯正をして歪み対策を行う事をおすすめします。

 

骨盤の歪みは人それぞれ、4つのタイプに分かれます

骨盤のゆがみと言っても個人差があり、さまざまなタイプがあります。

ここでは代表的な4つのタイプについて説明します。

骨盤前傾タイプ

骨盤が前に傾いている歪みです。

上半身が反ったような見た目なので姿勢が良い様に見えるのですが、実は背中が反る姿勢だと腰に負担がかかりやすく腰痛になりやすいタイプです。

腰への負担が常にがかかっているため神経を圧迫しやすいといった特徴があり、太ももが張りやすい傾向があります。

日本人女性に多いのが前傾タイプといわれています。

運動不足などで腹筋が弱っている状態だと前傾になった方が楽に感じ、姿勢が悪くなる事も。
特に加齢や産後にはおきやすいです。

姿勢や癖ではハイヒールを履いている機会が多い人は前重心になりやすいので骨盤が前傾になる傾向があります。

骨盤後傾タイプ

骨盤が後ろに傾いている状態です。

上半身が後方に行きやすい状況のため、背中もまがりやすくなり頭が前に傾く姿勢になりがちです。

ひざに負担がかかり痛みが出たり、肩こりも起きやすい歪みのタイプになります。

加齢や筋力が弱い人に起きやすく、猫背や垂れ尻、垂れ胸の原因にもなります。

骨盤開きタイプ

産後の方に多くみられるタイプです。

出産時に開いた骨盤がホルモンバランスの影響により、出産後も元の位置に戻りにくくなる事が原因となります。

場合によっては出産前よりも開いた状態になる人も。

出産以外では、あぐらや脚を組んで座るといった姿勢も原因の一つです。

運動不足で骨盤周辺の筋肉による支えが弱くなると骨盤を支えきれずに開いてしまう場合があります。

骨盤が開いてゆがんでいると、下半身太りや、O脚になりやすいので注意してください。

足を組んだり、あぐらをかいたりなども、骨盤が開きやすくなる原因とされています。

骨盤左右への傾きタイプ

正面から見て左右の骨盤の高さが違う状態だと傾きがある歪みになります。

片方の腰や腹の筋肉ばかりに負担がかかっていると、反対側の骨盤が下がった状態になりやすいです。

お尻の筋肉の付き方が均等でなく左右差がある場合も、骨盤が歪む原因に。

骨盤の傾きがあると腰痛になりやすい傾向があります。

普段は問題なくても疲れが溜まった時に痛みが出やすいです。

前後左右の歪みだけの人、更に回旋(ねじれ)がある歪みの人など、人によって様々なタイプがあります。
これらの歪みは放置していても改善する事は余りありませんので、骨盤矯正を受けて改善させていきましょう。

どのタイプでも骨盤矯正は受けられますので、まずはご相談ください。

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の骨盤矯正

 

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「骨盤矯正」に「筋膜リリース」や「神経調整」を組み合わせた根本治療を行っています。

身体を構成する「骨格」「筋肉」「神経」3つの要素に同時にアプローチできるのが特徴です。

 

 

「骨盤矯正」で姿勢の乱れ、骨盤の歪みをリセットします。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

土台である骨盤の歪みを矯正し、骨盤が正しい位置に安定することにより、背骨の正常なS字カーブを復元し、痛みの発生源の負担を減らしていきます。

痛みやシビレを解消するにも、まず土台を整えることが大切です。

「筋膜リリース」で筋肉調整と血流促進します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉に柔軟性を取り戻し、その周辺の血流やリンパの流れを促進していきます。

乱れた姿勢のまま筋肉が凝り固まった状態では、骨盤矯正の効き目も半減してしまいます。

痛みやシビレの解消のためにも、全身の筋肉を柔らかくすることは不可欠です。

骨盤が矯正され、筋肉が柔軟性を取り戻すことで、内臓の働きも促進されます。

「神経調整」で過敏になった神経を鎮めます。

長い間、痛みやシビレなどの同じ状態が続くと、筋肉と同様に神経も疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または痛みに過敏な状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、スポルト鍼灸整骨院武蔵小金井店では、必要に応じて鍼灸施術なども組み合わせた神経調整を行います。

過敏になった神経を鎮め、記憶してしまった痛みをリセットしていきます。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、患者様お1人お1人の症状に合わせて、個別の施術プログラムを作成しています。

毎回、患者様の症状の変化を伺いながら、プログラムに沿って「骨盤矯正」を中心に、「筋膜リリース」や「神経調整」などを組み合わせて根本治療して行きます。

ですから、ご自分の症状の変化や最終ゴールが分かりやすくて安心です。

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の根本治療の基本は「痛みを解消」、そして「元に戻らない体作り」です。

痛みやシビレが改善された後も、元に戻らない体作りのためにストレッチや体操などのメンテナンス方法も十分にご指導させて頂いております。

お体の様々なお悩みについて、スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》