脊柱管狭窄

  • 痛みや痺れで長く歩いていられない…
  • 遠出や旅行に行くのも諦めている…
  • 足が痺れて子供や孫と楽しめない…
  • リハビリやマッサージを受けても改善しない…
  • 整形外科で「手術しかない」と言われた…

脊柱管の狭窄とは? | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

 

脊柱管の構造

脊柱管とは、24個の背骨が積み重なって出来た管状のトンネルのことを言います。
その管状のトンネルの中を脊髄・神経や血管が通っています。脊柱管はその大切な脊髄・神経を外からの衝撃などから守っています。

「脊柱管狭窄」とは、この脊柱管を通る脊髄・神経や血管などが、加齢による背骨の変形、靭帯の肥厚や組織の変性などによって圧迫されることで、腰痛、お尻や下肢のシビレ、痛みを引き起こすものと言われています。

 

脊柱管狭窄の症状

「脊柱管狭窄」のもっとも特徴的な症状としては神経性間欠跛行があげられます。

歩き始めは何ともないのに、5分も歩くと腰痛やお尻から足にかけての痛みやシビレが出始め、さらに歩き続けると痛みやシビレ、筋肉の張り、脱力が強まって歩けなくなります。

そのあと、前かがみの姿勢をとったり、座ったりしてしばらく休むと、脊柱管の圧迫部が広がるため、痛みやシビレが楽になってまた歩けるという特徴があります。

症状がひどくなると、お尻から足にかけての痛みやシビレだけでなく、歩行困難、坐骨神経痛、筋力低下、会陰部の感覚異常などが起こり、ひどい場合は尿意切迫・尿失禁・便失禁などの膀胱直腸症状などが現れる場合もあります。

 

痛みとシビレの本当の原因は疲労? | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院/武蔵小金井店の考える「脊柱管狭窄」の根本原因は、姿勢の乱れや骨盤の歪みからくる疲労です。

疲労のメカニズム

 

1. 疲労がたまる

日常生活の中で体中の筋肉は働き続けています。姿勢を維持するだけでも疲労がたまります。

 

2. 姿勢が乱れ、骨盤が歪む

筋疲労がたまると、正しい姿勢を維持するのが難しくなり、知らないうちに姿勢が乱れ、骨盤も歪んできます。

 

3. 内臓の働きが悪くなる

姿勢が悪くなったり、前かがみの姿勢が続くと内臓を圧迫するため、血流が悪くなり、内臓の働きが悪くなってきます。

 

4. 筋肉が疲労する

不自然な姿勢を続けると、その姿勢を維持するために全身の筋肉が硬くなり、だんだんと疲労していきます。

正しい姿勢は、筋肉にとっても一番負担の少ないニュートラルな状態です。

皇室の方々が長時間動かずに座っていられるのも、骨盤が安定した状態で、背筋をまっすぐ伸ばした正しい姿勢で座っているからです。

身体を前に倒したり、左右どちらかに体重をかけるだけで、無意識にバランスをとろうとして筋肉は無駄に働き続けます。

 

5. 血流が悪くなる

筋肉が硬くなると、その中を通る血管を圧迫し、血流が悪くなります。

無意識に働きつづけた筋肉は疲労し、血流を失い、弾力性を失って更に筋肉が硬くなるという悪循環に陥ります。

 

6. 骨が変形する

血流が悪く、悪い姿勢で固まった状態が長期間続くと、無理な負荷が一部の骨にかかり続け、加齢とともに骨が変形して行きます。

変形した骨が脊柱管を通る脊髄・神経を圧迫して痛みやシビレがでる。

 

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の「脊柱管狭窄」施術

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「脊柱管狭窄」の痛みやシビレの改善には筋肉・骨格・神経3つのバランスを整えることが重要だと考えます。

 

 

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「脊柱管狭窄」の患者様に対して「骨盤矯正」を中心にした根本治療に「筋膜リリース」や「神経調整」を組み合わせた治療を行います。

 

「骨盤矯正」で姿勢の乱れ、骨盤の歪みを改善します。

骨盤は身体の土台にあたります。背骨は柱です。

土台である骨盤の歪みを矯正し、骨盤が正しい位置に安定することにより、背骨の正常なS字カーブを復元し、狭窄部分の負担を減らしていきます。

「脊柱管狭窄」の痛みやシビレを改善するにも、まず土台を整えることが大切です。

 

「筋膜リリース」で筋肉調整と血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉に柔軟性を取り戻し、その周辺の血流を改善していきます。

乱れた姿勢のまま筋肉が凝り固まった状態では、骨盤矯正の効果も半減してしまいます。痛みやシビレの改善のためにも全身の筋肉を柔らかくすることは不可欠です。

骨盤が矯正され、筋肉が柔らかくなることで、内臓の働きも改善されます。

 

「神経調整」で過敏になった神経を鎮めます。

長い間痛みやシビレなどの同じ状態が続くと、筋肉と同様に神経も疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または痛みに過敏な状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることである程度の改善は見込めますが、スポルト鍼灸整骨院/武蔵小金井店では必要に応じて鍼灸治療なども組み合わせた神経調整を行います。

過敏になった神経を鎮め、記憶してしまった痛みをリセットします。

 

 

つらい「脊柱管狭窄」の神経症状を取り除き、痛みやシビレを繰り返さない体を作る!

これが整形外科や他の整骨院では真似できない【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の根本治療法です。

 

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院/武蔵小金井店では、「脊柱管狭窄」の患者様お1人お1人の症状に合わせて、個別施術プログラムを作成しています。

プログラムに従って、毎回の患者様の変化を伺いながら、「骨盤矯正」「筋膜リリース」「神経調整」などを組み合わせて治療して行きます。
ですから、ご自分の症状の変化や最終ゴールが分かりやすくて安心です。

スポルト鍼灸整骨院の根本治療の基本は「痛みを取って根本改善」、そして「元に戻らない体作り」です。

痛みやシビレが改善された後も、元に戻らない体作りのために、ストレッチや体操などのメンテナンス方法も十分にご指導させて頂いております。

注射や投薬を止めたい、不安な手術は受けたくない、脊柱管狭窄の症状でお困りの方、【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院総院長 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》