胸郭出口症候群

  • 腕や手指が冷たい…
  • 腕がだるい…
  • 病院で胸郭出口症候群と言われた…
  • 姿勢が悪く、なで肩である…
  • 手が痺れて気持ち悪い…

胸郭出口症候群とは? | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

胸郭出口症候群では、上肢の痛み、痺れ、だるさ、肩こり、握力低下、手の冷感などの症状が見られ、その症状によって日常生活にも支障をきたす場合もあります。

胸郭出口症候群には、上肢の重みによる神経の牽引を主な原因とする牽引型と、筋肉などによる神経と血管の圧迫を主な原因とする圧迫型、および混合型とがあります。

牽引型は首が長く、なで肩の20〜30歳代の女性に好発し(美容師などで多い)、圧迫型は筋肉質の30歳代の男性に好発します。

 

胸郭出口症候群の症状 | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

胸郭出口症候群で障害される神経は腕神経叢で、障害される血管は鎖骨下動脈です。

腕神経叢は頸椎と胸椎の間(第5頸神経から第1胸神経)から出ている神経から成り、筋皮神経、尺骨神経、正中神経、橈骨神経、腋窩神経などに分かれて、肩甲骨まわりや上肢の筋や感覚を支配します。

そのため、腕神経叢が障害されると、支配域の筋肉や皮膚などに異常をきたし、痛みやだるさ、痺れなどを起こします。鎖骨下動脈は腕に走行する血管の大元で、絞扼されると上肢にだるさや冷たい感じがするようになります。

胸郭出口症候群は、神経と血管の絞扼される部位によって分類されます。

鎖骨と肋骨の間で絞扼されると「肋鎖症候群」。肋骨と斜角筋との間で絞扼されると「斜角筋症候群」。小胸筋と靭帯との間で絞扼されると「小胸筋症候群」または「過外転症候群」と分類され、それらを総称して胸郭出口症候群と呼びます。

胎児期にしか存在しない肋骨が癒合不全により大人になってもそのまま存在し、胸郭出口症候群を引き起こす「頸肋症候群」もごく稀にあります。

 

胸郭出口症候群の施術 | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

 

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「肩こり」の方に対して「骨盤矯正」を中心に、「筋膜リリース」や「神経調整」を組み合わせた治療を行います。

身体を構成する「骨格」「筋肉」「神経」3つの要素に同時にアプローチできるのが特徴です。

 

 

「骨盤矯正」で姿勢の乱れ、骨盤の歪みを改善します。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

土台である骨盤の歪みを矯正し、骨盤が正しい位置に安定することにより、背骨の正常なS字カーブを復元し、痛みの発生源の負担を減らしていきます。

「肩」の痛みやコリを改善するにも、まず土台を整えることが大切です。

「筋膜リリース」で筋肉調整と血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉に柔軟性を取り戻し、その周辺の血流やリンパの流れを改善していきます。

乱れた姿勢のまま筋肉が凝り固まった状態では、骨盤矯正の効果も半減してしまいます。

痛みやシビレの改善のためにも、全身の筋肉を柔らかくすることは不可欠です。

骨盤が矯正され、筋肉が柔軟性を取り戻すことで、内臓の働きも改善されます。

「神経調整」で過敏になった神経を鎮めます。

長い間、痛みやシビレなどの同じ状態が続くと、筋肉と同様に神経も疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または痛みに過敏な状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、必要に応じて鍼灸治療なども組み合わせた神経調整を行います。

過敏になった神経を鎮め、記憶してしまった痛みをリセットしていきます。

 

 

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「胸郭出口症候群」の方お1人お1人の症状に合わせて、個別の施術プログラムを作成しています。

毎回、症状の変化を伺いながら、プログラムに沿って「骨盤矯正」を中心に、「筋膜リリース」や「神経調整」などを組み合わせて根本治療して行きます。
ですから、ご自分の症状の変化や最終ゴールが分かりやすくて安心です。

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の根本治療の基本は「痛みを取って根本改善」、そして「元に戻らない体作り」です。

痛みやシビレが改善された後も、元に戻らない体作りのために、ストレッチや体操などのメンテナンス方法も十分にご指導させて頂いております。

注射や投薬を止めたい、不安な手術は受けたくない、「胸郭出口症候群」でお困りの方は【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院代表 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》