顎関節症

  • 顎に痛みがある…
  • 口を大きく開けられない…
  • 口を開けると音がなる…
  • 食いしばる癖がある…
  • 顎が痛くて食べられない…

顎関節症とは | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

顎関節症は程度によって様々です。

顎関節や噛むときに使う咀嚼筋の痛み、顎の雑音・クリック音、口が開かないなどの開口障害、口がスムーズに開かない等の顎関節の運動異常を症状とするものです。

顎関節症は5つの型に分けられます。

噛む時に使う咀嚼筋の障害であるⅠ型、関節を包んでいる袋である関節包や動きの制限をしている靭帯の障害であるⅡ型、顎関節内部の病変であり、顎関節内障が見られるⅢ型、関節部の変形が見られ、変形性の顎関節症のⅣ型、心因性顎関節症とも言われる精神的因子によるⅤ型があります。

 

顎関節症の分類 | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

 

顎関節症Ⅰ型では、噛む時に使う咀嚼筋などの筋肉による痛みがメインになります。

咀嚼筋の硬さや調和の乱れが原因です。噛み合わせのズレなどが咀嚼筋に影響します。また、ストレスによる影響もあり、歯軋りや噛み締めなども一因とされています。

顎関節症Ⅱ型は、過度の開口や固いものの咀嚼、顎の強打など外傷が原因で起こります。

顎関節の雑音を伴わず、咀嚼や顎運動時にも痛みがあります。

顎関節Ⅲ型は、顎関節症の主体で、口の開閉時にジャリジャリ、ガリガリなどの関節の雑音を生じます。

顎関節の運動異常で口が開かないなどの開口障害も見られます。顎関節のクリック音は認めません。

顎関節症Ⅳ型は関節雑音があり、開口障害が強くなります。

顎関節Ⅴ型では顎関節の違和感が見られ、不定愁訴が主症状になります。

その他の顎関節症の原因としては不良姿勢があげられます。猫背、よく頬杖をついたり、高い枕を使ったりすると顎の筋肉の負担が増え、顎関節症になりやすくなります。肩こりや頭痛などにも繋がります。

 

顎関節症の施術 | スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店

 

【武蔵小金井】スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、「骨盤矯正」を中心に、「筋膜リリース」や「神経調整」を組み合わせた根本治療を行います。

身体を構成する「骨格」「筋肉」「神経」3つの要素に同時にアプローチできるのが特徴です。

 

 

「骨盤矯正」で姿勢の乱れ、骨盤の歪みを改善します。

骨盤は身体の土台、背骨は大黒柱です。

土台である骨盤の歪みを矯正し、骨盤が正しい位置に安定することにより、背骨の正常なS字カーブを復元し、痛みの発生源の負担を減らしていきます。

「背中」の痛みや不調を改善するにも、まず土台を整えることが大切です。

「筋膜リリース」で筋肉調整と血流改善します。

筋肉を包み込む「筋膜」をリリースすることで、凝り固まった筋肉に柔軟性を取り戻し、その周辺の血流やリンパの流れを改善していきます。

乱れた姿勢のまま筋肉が凝り固まった状態では、骨盤矯正の効果も半減してしまいます。

痛みやシビレの改善のためにも、全身の筋肉を柔らかくすることは不可欠です。

骨盤が矯正され、筋肉が柔軟性を取り戻すことで、内臓の働きも改善されます。

「神経調整」で過敏になった神経を鎮めます。

長い間、痛みやシビレなどの同じ状態が続くと、筋肉と同様に神経も疲労し、感覚異常や知覚鈍麻、または痛みに過敏な状態を引き起こしています。

骨盤や筋肉が正しい状態に戻ることで、ある程度の改善は見込めますが、スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、必要に応じて鍼灸治療なども組み合わせた神経調整を行います。

過敏になった神経を鎮め、記憶してしまった痛みをリセットしていきます。

 

 

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店では、お1人お1人の症状に合わせて、個別の施術プログラムを作成しています。

毎回、症状の変化を伺いながら、プログラムに沿って「骨盤矯正」を中心に、「筋膜リリース」や「神経調整」などを組み合わせて根本治療して行きます。
ですから、ご自分の症状の変化や最終ゴールが分かりやすくて安心です。

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店の根本治療の基本は「痛みを取って根本改善」、そして「元に戻らない体作り」です。

痛みやシビレが改善された後も、元に戻らない体作りのために、ストレッチや体操などのメンテナンス方法も十分にご指導させて頂いております。

注射や投薬を止めたい、不安な手術は受けたくない、顎関節症でお困りの方はスポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店に是非一度ご相談下さい。

 

《※本記事はスポルト鍼灸整骨院代表 / 川田英雄(厚生労働大臣認可 : 柔道整復師)が監修しています。》